鳩が巻き起こすトラブルとそれに関する対策方法

平和な鳩が巻き起こすトラブルを対策して問題を解決に導こう

鳩が巻き起こすトラブルとそれに関する対策方法

ハト

鳩が巻き起こすトラブルとは

公園などでよく見かける鳩。とても警戒心が強い為、人間が近づけばすぐに飛び立ってしまいます。そんな鳩達が起こすトラブルは大きく分けて、「鳴き声」、「羽や糞の汚れ」、「巣作り」の3つに分かれます。どれも些細なものと思われがちですが鳩は集団行動しますので、たくさんの鳩にやられてしまうと恐いですね。そうならないためにも、ぜひ鳩に対する対策を調べてみましょう。

そもそもどうして住宅地に巣を作るのか

鳩は警戒心が非常に強い生き物です。その為、他の生き物が近付けば逃げてしまいます。それなのに住宅地に巣を作ったりする理由は人間が鳩に餌をあげてしまう事にあるのです。餌を貰う事で鳩は人間が怖くない生き物だと学習します。そして、他の生き物が人間を恐れる事も学習します。この両方を学習した鳩は人間のそばにいれば自分達も身を守れると学んでしまいます。温厚な鳩も野鳥ですので、こちらが一定の距離を開ける事でトラブルを防ぐ対策に繋げましょう。

鳩が人間を襲う事はあるのか

鳩は攻撃性が低いため、滅多な事では攻撃してこない生き物です。しかし、警戒心と縄張り意識の塊とも言える鳩の巣にちょっかいをかけてしまうのは別です。他の鳥も巣やヒナを襲われると攻撃をします。鳩も例外ではないのです。でも戦うことに慣れていない鳩は羽で叩いたり、くちばしで小さく突くだけです。それでも鳩には大事な家なので、対策の為に巣を取り除くなら仕方なの無い事ですが、公園などではむやみに触れないようにしましょう。

ネットとワイヤーはどちらが対策に有効

ベランダ全体を覆うネット

鳩の侵入を防ぐ為にネットが使用される事が多いです。鳩は警戒心が良いため、CDなど光るものを置いていると逃げていきますが最初だけで、慣れるとすぐに戻ってきます。しかし、ネットを利用すれば戻ってきたとしても侵入を防ぎ、また設置方法の工夫でくぐり抜けて入って来ることもないでしょう。

屋根の端や手すりに張るワイヤー

ワイヤーの対策は「防止」と言うことを先に説明しなければなりません。ワイヤーは鳩の早期対策として使用されます。これだけでは鳩は止まらなくなるという事はないですが、不安定なワイヤーに止まることで「ここでは休憩出来ない」と鳩に教えることができ、被害を未然に防げるでしょう。

鳩が巣作りをするまで

休憩所作り

鳩は集団行動を取り、1つの場所で皆で休憩を取ります。その為安全かどうかを確認する為に、色々な所で羽休めをして、休憩所を作ります。この時は警戒している為、留まる時間も短いです。

待機所作り

休憩所に利用している場所が安全だと分かると、鳩は第2段階として、待機所を作ります。休憩所と違って、他の仲間が餌を探しに行っている間に待つ場所として使います。そうなると休憩所に使っていた時よりも留まる時間が長くなります。

寝床作り

待機所で何の対策もしなかった場合、鳩は第3段階目に入ります。それが寝床作りになります。寝床として定められてしまうと、待機所の時のように日中留まっているだけではなく、夜もそこで過ごすことになり、鳴き声や糞被害が更に広まります。

巣作り

とうとう巣を作ってしまった場合は、鳩を追い出すのは至難の業とされています。強い帰巣本能と縄張り意識のせいで一度追い出してもまた戻ってきてしまうからです。鳴き声被害や糞被害に繁殖まで加わり、更に被害を悪化させてしまいます。

広告募集中